薬剤師の業務~疑義紹介とプレアボイド

一般の人はあまり耳にしないプレアボイドですが、薬剤師だと業務で意識することも多いのではないでしょうか。プレアボイドとは、日本病院薬剤師会によるもので、患者のケアに関するものです。医薬品についての情報を集め、利用方法について提唱し、そして実際に利用したその結果を見たうえでフィードバックをするようにします。

具体的には、薬の使用方法、ガイドライン、効果、副作用、アレルギー、カウンセリングなどが含まれています。また、モニタニングや血中濃度を調べることにより、副作用を少なくし、どんどん効果を引き出す務めがあります。

この業務の意義については、薬の効果を最大限に引き出しつつも、極力患者さんへの負担を最小限に抑えるために必要な処置をするということです。そのためには情報を知りフィードバックをすることが不可欠なのです。

薬剤師の役目は、薬物治療をする上でなるべく患者さんの負担を少なくすることにあり、そのために疑義紹介も行っています。

その文字をよく見ると意味が分かってくる通り、薬剤師は医師の処方箋に提案したいことがあるなら、よく言えば分からない疑問点があるならば、医師に尋ねることができる、むしろ義務であると言えます。薬に関して、そして患者さんについてもよく知るよう務めるなら、医師のサポートをそのようにしてすることができます。

このことは薬剤師法にもしっかりありますので、薬剤師に認められていると同時に義務である業務の一つなのです。意外と疑義照会が必要となる機会は多く、本来は薬剤師が納得がいかないものは調剤をすることは許されません。つまり、よく患者さんと処方箋を見る必要があり、必要があれば、確認を必ずすることです。薬のミス、副作用を減らすための、この薬剤師の業務は必要不可欠となっています。

つい最近、知人の薬剤師が横浜で求人を見つけていました。当初はいろんな媒体で求人を探していたものの、行き着いたのは転職サイトに求人探しを任せるというものだったようです。結果的にそれが幸いして給料をアップさせることもでき、希望の職場に転職をすることが出来たと言ってました。1つ、自分にあう転職サイトをうまく選ぶことも大切です。
薬剤師給料アップSUCCESS